鍼灸マッサージで働くだけでなく多方面でも活躍出来る

鍼灸マッサージ院以外でも働ける!さまざまな働き方

鍼灸マッサージで働くだけでなく多方面でも活躍出来る

施術

医療機関

鍼灸師は、鍼灸マッサージ院などがあることから、マッサージの分野専門なのかなと疑問に思うかたも多いと思います。しかし、ただ体のコリをほぐすマッサージとは違って人体の構造を理解したプロフェッショナルです。そのため医療機関でも体の問題を抱えた患者さんと向き合いながら、悩みを解決していくことが出来ます。

スポーツで怪我をした人のサポート

スポーツ選手はいつでも怪我などの危険と隣合わせです。そのため、怪我で人体を故障してしまった時に、鍼灸師の専門知識を活かして人体の回復を目指していきます。鍼灸師の資格を持っていれば、鍼灸マッサージ師としてだけでなく、スポーツトレーナーとしての道もひらけます。

美容目的でも活躍

鍼灸マッサージなどの鍼灸は、美容目的としても活躍しています。そのため見た目をキレイにするため、たるみやむくみを改善する施術としても鍼灸は注目されています。鍼灸は自律神経を整えていく効果もあるので、ホルモンバランスで悩んでいる女性に求められている施術だと言えます。

資格を取得すればさまざまな場所で活躍出来る

鍼灸師の資格は国家資格です。だからこそ、その信用性と求められている需要も高いことがわかります。そのため、鍼灸師になるために専門的に学校で学ぶことは将来に活かせる時間だと言えるでしょう。では、今から鍼灸の専門学校を探し始める人たちに向けて、鍼灸師に関する疑問を紹介していきましょう。

鍼灸専門学校に関するギモン

30代なのですが入学は可能ですか?

多くの鍼灸専門学校が、年齢制限を設定している学校はほぼありません。なにせ国家資格なので、目指す人のタイミングはそれぞれ違います。そのため、年齢による心配で入学のチャンスを逃すのはもったいないと言えるでしょう。専門学校によっては、夜間の学校もあるので働きながらでも目指すことは可能です。

昼と夜の授業の部の違いはありますか?

多少はあると言えます。それは、夜間の部の授業は、昼間仕事をしている人のために授業時間が少なく、授業内容を凝縮して多少急ぎ足で行なっている面はあるでしょう。昼の部はそういった時間の制限が無い中で、授業が受けられます。

就職活動の支援はあるのでしょうか

鍼灸専門学校では、専門知識を学ぶだけでなく、就職活動の支援を行なっている専門学校がほとんどです。そのため専門学校を選ぶ時は、就職支援に力を入れているところを選ぶようにすると良いでしょう。

オープンキャンパスは予約制ですか?

人数に応じて学校側も準備を行なっているので、予約をしっかり行なってからの参加が必要でしょう。今ではインターネットで簡単に専門学校のオープンキャンパスの予約を行えます。

広告募集中